入学後の進路も大事

そのまま大学まで進学できるか

いまさら説明するまでもありませんが、地元の公立小中学校に入るために、受験勉強は必要ないですよね。
また、国立や私立の学校が近くにない場合も考えられます。
そのため、初めての受験勉強が高校受験という子どもも少なくありません。

そのようななか、あえて試験を受けて小学校や中学校に進むのには、大学進学へのストレスを軽減したいという保護者の想いもあるのではないでしょうか。
大学附属の学校を選ぶと、そのまま大学まで進みやすくなります。
もちろん、高校から大学附属の学校に入る方法もあります。

大学まで進学できる学校を選ぶ大きなメリットは、ほかの学校のように受験勉強に時間を割かなくても済むことです。
その分、自分がやりたいことができますよね。
このような理由から、志望校を選ぶときは大学進学まで見据えて考えましょう。

他校に進学することも考えよう

小学校や中学校などを受験するときは、進路変更の可能性を考えることも大事です。
保護者同伴面接は別として、学校の受験に挑むのは子ども本人ですよね。
とはいえ、志望校は保護者が決める場合も少なくありません。
特に、小学校受験時は子どもが幼いため、保護者が学校選びをするのも無理からぬことです。

しかし、中学校や高校、さらに、大学へ進むタイミングで他校を選ぶ可能性もでてきます。
もし、そうなった場合、スムーズな進学が可能かどうか知ることが大切です。
たとえば、内部進学者がほとんどの学校に入ると、受験対策が難しいかもしれません。

そのまま大学まで進む同級生が多いなかで、受験勉強をするのは大変です。
また、ひとりだけ受験勉強に励むのがストレスになることも考えましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ